« 受験とローズマリー | トップページ | Kaoruさんのピアノ »

「image」

「何をいまさら・・・」と思われるかも知れませんが、私のこころを最も癒してくれimage_jaketるCDのうちのひとつなのです。その後何枚か続編が出ていますが、私は最初のこのCDに殊のほか思い入れがあります。

「image」のCDは、発売日当日(2000年8月)に買いにいきました。
もともとは、TVCF(サントリー「ローヤル12年」『木』編『水』編)のなかでヨー・ヨー・マの「リベルタンゴ」が流れていたことから「あっ、この曲前から欲しかったんだ」と思い立ったのがきっかけでした。
家に帰って聴いてみると・・・「あ、この曲も聴いたことがある、これもだ・・・」と耳なじみの曲も多かったのですが、聴いたことのない曲でもそれぞれ本当に「癒さimage2-jacketれる」という曲たちばかりで、これはかなり当たりだったなと思っていたら、世の中でも大ブームになっていたのはご承知のとおりです。

一言で「癒し」といっても、そのかたちが曲ごとにそれぞれです。
例えばオープニングのカール・ジェンキンス「霧の浅瀬」や、坂本龍一「BEFORE LONG」はとても幻想的、神秘的で日常から離れてみる、といった感じですが、加古隆「パリは燃えているか」「黄昏のワルツ」はマイナーな曲image_damour-jacket調なのになぜか心が満たされていくのを感じます。加古さんがTVに出演されていたとき、曲を作る際に「絶望の中にかすかに希望が見える」ようなメロディーを考える、とおっしゃっていた記憶があります。
確かに人はつらい時、そのことについて深く深く考えて落ち込み、それから思いを吹っ切ったり別の道を模索したりするものですね。そんな人の心の動きをとらえる「癒し」もあるのだと気づかされました。 
また、鳥山雄二「ソング・オブ・ライフ」羽毛田丈史「地球に乾杯」などは壮大image3-jacketなものに包まれている、という深い安心感のようなものを感じます。それぞれ「世界遺産」やNHKのドキュメンタリーのテーマだったりするのでイメージされているもののスケールも大きいのですが、そんな音の中に身を委ねていたくなる気がしてしまいます。
そして、葉加瀬太郎with小松亮太「情熱大陸」!「なぜこれがリラクゼーションのアルパムに?」と思うようなまさに情熱的な音楽。ですが、私にとってはなんだか「がんばれ」ってエールを送られているような気になります。これもまたimage4-jacket「癒し」ですよね。自分を元気づけ、勇気づけてくれるとてもエネルギーを感じる曲です。

そして翌年(2001年)5月、行ってきました「live image」。アルパム「image」と「image2」に参加しているミュージシャンが集まってのライブツアーだったのですが、単独でもホールをいっぱいにできる人たちが生であの曲たちを演奏してくれる・・・何て贅沢!CDで聴く以上にすばらしく、感動してほんとにうるうるしlive_image_best-jaketてしまいました。他の客席でもそういう方が結構いたみたいでした。
演奏はもちろんのこと、出演者みんなが楽しそうに、本当に「音を楽しんで」いる姿にまたまた「癒され」てしまい・・・。最後は自然にスタンディングオベーションでした。
その後CDは「image d'amour」「image3」「image4」「image essantielle」と発売され、ライブも毎年パワーアップして開催されています。私もライブには毎年参加し続けてきましたが、2005年は体調の都合でやむなく直前キャンセル。悔image5-jacketしかった・・・。
先程、シリーズ中では最初の作品が一番思い入れありと書きましたが、実は本当に好きなのは今までのライブから人気曲(ライブver.)を集めた「live image -best」、そしてDVD「live image+」(2001年のライブを収録)かも。オリジナルとは一味違った生オケアレンジでその迫力が何ともまたよく、癒されるのと同時にパワーをもらえる気がします。
そして2月1日最新アルバム「image5」が発売され、今年もライブツアーが開催されます。今回新しく加わったアーティストもあり、また楽しみが増えました。もちろん今年のライブは行きます!
このCDシリーズ、ライブがいつまで続くのかわかりませんが、できる限り末永く、新しい「癒され曲」を発信し続けてほしいと思っています。

*Links*
SME「image」オフィシャル(試聴可)
live image5総合案内
羽毛田丈史 オフィシャル公認ファンサイト
葉加瀬太郎オフィシャル
加古隆オフィシャル
鳥山雄司オフィシャル
GONTITIオフィシャル
木村大レーベルサイト
小松亮太レーベルサイト
松谷卓オフィシャル
(オーケストライマージュ)
青柳誠オフィシャル
NAOTOオフィシャル    

|

« 受験とローズマリー | トップページ | Kaoruさんのピアノ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
回想梟です。
自分もimage大好きです。
このブログ読者になろうと思っています。
これからも、いい記事をいっぱい書いてくださいね。

投稿: 回想梟 | 2006年3月 4日 (土) 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134012/6269906

この記事へのトラックバック一覧です: 「image」:

« 受験とローズマリー | トップページ | Kaoruさんのピアノ »