« 日向敏文「PREMIERE」 - プレミア - | トップページ | Enya(エンヤ) »

ジャーマンカモミール(ブルーカモミール)

 しばらく前、どっと疲れやストレスが出たのか首や顔、肘の内側に湿疹が出てしまったことがありました。
 今までもストレスを強く感じ出すと出てきて、調子よくなってくるとふーっと消えていっていたのですが、今回は過去最悪。かゆくて思わず掻いてしまうし、皮膚が赤く、てらっとひかる程に腫れてしまいました。
 これは何とかしなくては・・・と思い当たったのがジャーマンカモミール(ブルーカモミール)。
 カモミール、というとエッセンシャルオイルではローマンカモミールが有名で、お使いになったことがある方は結構少ないかもしれません。成分に消炎作用で知られるアズレンをよりローマン種よりも多く含むため、まるでブルーインクのように濃いブルーのオイルです。顆粒の うがい薬や胃薬、あるいは軟膏でブルーがかったものを見たことありませんか?あれはアズレンの色なのです。ちょっとローマン種に比べ個性的な香りですが、あれはくせになると結構いいものです。
 またカモミールには鎮静作用もあるので、ストレスためやすい私にはぴったり!ということで・・・

*材料(1回分)*
顆粒の岩塩(アロマショップなどにあります)・・・大さじ2
エッセンシャルオイル・・・ジャーマンカモミール、ラベンダー各大さじ1~2

 これらを密閉容器に入れてシェイクし、湯船につかる直前に振り入れて溶かします。
 ぬるめのお湯にじっくりつかり、湯上りは病院でもらった保湿剤を塗り完全に汗がひいた後就寝。
 それを一週間ぐらい続けたところ。なんと、とってもきれいに腫れがひいてくれました。感激。かゆみも止まったし。これは岩塩の力もあるとは思いますけれど・・・。

 また、小さなお子さまや赤ちゃんでしたら、ジャーマンカモミールのハーブウォーターが使いやすくてよいと思います。お風呂上りに身体を拭いてあげたら、荒れたお肌に急いでハーブウォーターをつけて、上からスイートアーモンドオイルやオリーブオイルなどをごく薄く塗ってあげてみてください。おすすめです。

|

« 日向敏文「PREMIERE」 - プレミア - | トップページ | Enya(エンヤ) »

「アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

うちにアレルギー持ちのおぼっちゃまがいるので大変参考になりそうなレシピ。早速φ(・ω・ )。
冬は乾燥するせいか湿疹までいかなくても痒がることが多くて。

スイートアーモンドオイルは手作り石けんのレシピにも載っているのでいずれ購入しようと思ってたけど、お肌に直接塗って保湿にも使えるんだね。

投稿: さとみ | 2005年12月 9日 (金) 16:00

そうそう、冬はやっぱり乾燥するから・・・。
スイートアーモンドオイルは、栄養価も高いし保湿もしてくれるから、この時期は特に心強いアイテムです。
ジャーマンカモミールのハーブウォーター+スイートアーモンドオイルは、うちの0歳児にも効果があって、一時りんごみたいに赤くなってしまったほっぺたが復活しました(^^)

投稿: Green Garden | 2005年12月 9日 (金) 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134012/7012063

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーマンカモミール(ブルーカモミール):

« 日向敏文「PREMIERE」 - プレミア - | トップページ | Enya(エンヤ) »